いつものサイトロゴ

映画【ボーダーライン ソルジャーズデイ】のあらすじ(ネタバレ)、感想を紹介

f:id:beflap:20190117144308p:plain
前作「ボーダーライン」('15)ではメキシコ国境での麻薬密輸、誘拐、殺人などを描きましたが、映画【ボーダーライン ソルジャーズデイ】はその延長にある物語です。

U-NEXTで配信されていましたので視聴してみました。ネタバレを含むあらすじと感想をご紹介してみたいと思います。

内容は前作と同様に、ドライで殺伐とした映画ですが、前作とは違い、物語の案内役になる純真なエミリー・ブラントのような配役がない作り方です。原題「Sicario Day of the Soldado」Sicarioは殺し屋、Soldadoは兵士の意味です。

監督:ステファノ・ソッリマ
出演:ジョシュ・ブローリン、べネチオ・デル・トロ
主要な登場人物:米国の捜査官マット(ジョシュ・ブローリン)、コロンビアの元検事アレハンドロ(べネチオ・デル・トロ)、麻薬カルテルのボスの娘イザベル(イザベラ・モナー)、米国に住むメキシコ系の少年(新人?)

 

映画【ボーダーライン ソルジャーズデイ】のあらすじ・ネタバレ

メキシコから密入国しようとした移民の一団を米国の国境警備隊が捕まえますが、その中の一人が自爆します。さらにアメリカ中西部のカンザス州の大規模商業施設で数人の男による自爆テロが発生します。

捜査当局はメキシコの麻薬カルテルがテログループに協力しているのではないかという事で、捜査官のマット(ジョシュ・ブローリン)に麻薬カルテルを潰すことを指示します。マットは前作でも出ていたコロンビアの元検事アレハンドロと組んで、カルテル同士を争わせるためにカルテルのボスの娘イザベルを誘拐し、その際にボディガードを処刑して、ほかのカルテルの仕業かのように偽装します。

そして米国内の米軍基地に留めたのちに民家へ連れて行き、そこを捜査員がガサ入れして保護したという事を装い、メキシコ国内へ移動させます。

しかしメキシコ国内を移動中に、先導するメキシコ連邦警が寝返り、さらには道路の片側に待ち伏せするグループが居て、前方と横から激しい銃撃を受けます。しかしながら即座に本部に連絡し、待ち伏せの一団はドローンによる空爆で排除し、前方のメキシコ連邦警は銃撃で排除して、米国へ引き返します。

銃撃戦のさなかにイザベルが逃げ出したので、アレハンドロは米国へ引き返す車列から離れて追って行き、置いて行かれます。

一方、米国内の国境近くに住む、あるメキシコ系の少年は、学校へ行くふりをして、実際は従兄のする密入国ビジネスを手伝っています。

マットたちが米国に戻ると、自分たちの誘拐の偽装工作をメキシコ政府側は知っていて、カンザスの自爆テロ事件もメキシコのカルテルとは無関係なことが判ったため、上司は自分たちが誘拐の偽装工作をしたことの証拠を抹消するために、すべての活動を中止して、マットにイザベルとアレハンドロを抹殺することを指示します。

アレハンドロはイザベルを保護したのち、装備や衣類を地中に埋めて、泊めてくれた農民から衣類を買い取り、イザベルも髪を短く切り少年のようにして、メキシコからの不法入国者親子を装い、米国へ戻ろうとします。

しかしながら国境へ着く前に地元のギャングに見破られて、アレハンドロは両手を手錠に繋がれ、首から上はダクトテープでぐるぐる巻きにされて、採石場に連れて行かれ、従兄を手伝っている少年の忠誠心を示すための処刑する相手に選ばれます。

ためらっていた少年ですが、忠誠心を示すために頭部めがけて銃を撃ち、他の処刑された遺体と共に置いていきます。

そのころマットたちはアレハンドロ達の居場所をGPSでつかんでいて、チームでヘリに乗り向かっていました。

車で移動するギャンググループを追っていき、ヘリから銃撃してイザベル以外は射殺して、イザベルを連れて帰っていきます。

その際に、少年は遅れて別の車で移動していたので、生き残っていました。

アレハンドロも、ぐるぐる巻きにされたダクトテープの上から撃たれたので、口の辺りを銃弾が貫通していて、何とか生き残っていました。

その後、アレハンドロが米国でカルテルの情報提供者に会いに行くと、そこにいたのは従兄を手伝っていた少年でした。

映画【ボーダーライン ソルジャーズデイ】を観た感想

【評価】★★★★☆

前作に続き、米国側もメキシコ麻薬カルテル側も、自分たちの目的のためには人の命や法も無視し、それぞれ行動しています。今回はそれにテロ事件も関わってくるので、さらに殺伐とした映画になっています。

三部作になるらしいのですが、次回は情報提供者になった少年や、カルテルのボスの娘イザベルは出てくるのでしょうか?

原題の「Sicario」(殺し屋)は、前作に続きベネチオ・デル・トロが演じていますが、今回はメキシコ系少年もそうなりそうな展開でした。

メキシコではコロンビアなどより麻薬ビジネスを行いやすいために、麻薬カルテルが勢力を持つようになり、メキシコ麻薬戦争と言われるほど治安や司法が立ち行かなくなっていることが映画の背景にあります。

映画【ボーダーライン ソルジャーズデイ】はこんな人におすすめ

スティーブン・ソダーバーグ監督の「トラフィック」(’00)や、コーエン兄弟監督の「ノーカントリー」(’07)が、好きな人には合うと思います。

様々な銃や装備、防弾車両などが出てくるので、サバイバルゲームが好きな人にもお勧めです。

もし興味がある方は、U-NEXTを使えば無料で見ることができるのでチェックしてみてください。